ミクのためのブログ。 為了ミク而創設的BLOG。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ぼーかりおどP於2009/05/07時發表於ニコニコ動画的初音ミク原創曲,
同時也是讓ぼーかりおどP得以受到注目的關鍵性一曲,
念法為「六分之一」,是一首希望「你」在聽了之後能夠從那不知為何的「什麼」之中感到稍微輕鬆一些的歌曲。

在ミク可愛的歌聲引導下,這是一首聽起來感覺十分輕快與俏皮可愛的情歌,
環繞著曲名「1/6」這個主題,描述著不願看到對方難過與悲傷,發自了內心希望對方能夠開心的這份心境,
甚至因此有「如果到了引力只有1/6的地方,你所懷抱的悲傷也會變成只有1/6吧?」
這般天馬行空,天真到令人會心一笑的想法,
不過因此也更加地表現出這是一份多麼希望對方幸福的純粹心意。

或許也正因為這首歌曲中納入了如此的心意,之後才會發生那些故事呢…

翻譯下收。
 
※翻譯歌詞請勿擅自轉載另作他用。



1/6
中文翻譯 by Cilde 翻譯協力 by Jeiz 修辭潤飾 by Ulin

作詞:ぼーかりおどP
作曲:ぼーかりおどP
編曲:ぼーかりおどP
唄:初音ミク


いつか重力のクサリを
断ち切り君を連れてサテライト

君を探してあの街へ
さ迷い歩いた夜の道

受話器越しに聞こえた声が
なぜか とても 気になったの

見つけた君は赤い瞳
何事もないフリはナシにして

黒い沼に沈む君を放っておくわけにはいかない

いつか重力のクサリを解き放ち
宇宙へ飛ぶサテライト
そこに行けば体の重さも1/6

君が抱えてる悲しみが
少しでも軽くなればそれでいい
いつかそこに君を連れていくよ
重力の外へ


宇宙旅行は無理ですが
物理的に高い所へ

色々考えてみた結果
目指すは港の赤い塔

走ってきたフリして
胸の鼓動の速さを隠してみたの

今日は君の手を救い上げる権利をもらうよ

軌道エレベータのように
雲を抜けて昇るよサテライト
300メートル昇れば少しは軽くなるかもね

つまり子供ダマシだけれど
意味が少しでも伝わればいい
地上よりも上に連れていきたいの
重力の外へ

見え隠れしてる気持ちは
多分バレているんだろうけれど
今はそれ以上 君を救いたいエゴイズム

太陽の力を借りて
白く輝いているお月様
同じように頼ってくれませんか?

いつか重力のクサリを断ち切り
君を連れてサテライト
辛いコトや悲しいコトも全部
1/6

宇宙船はまだ先だけれど
そこに辿りつけるまでの間
僕の左手を握っててくれますか?

いつか重力の外へ連れていくよ

out of the gravity
總有一天要切斷引力的鎖鏈
帶妳到衛星上頭去喔

尋找著妳而踏進了那條市街
四處徘徊的夜間道路

透過電話而聽見的妳的聲音
不知為何 讓我感到 十分在意

終於找到的妳紅著雙眼
別裝成什麼事都沒有的樣子哪

不能放任身陷漆泥沼的妳不管呢

總有一天掙脫了引力的鎖鏈
飛向宇宙的衛星
只要到那裡去體重就只剩1/6

妳所懷抱著的悲傷
若是能稍稍減輕一些就好了
總有一天會帶妳去的喔
到引力的範圍之外


宇宙旅行雖然不可能
就到盡可能高的地方去吧

經過許多考慮後的結果
目標是港邊的紅色高塔

裝作一路跑過來的模樣
試著掩飾著加速的心跳

今天牽著妳的手的權利我就收下啦

有如軌道電梯一般
穿過了雲層逐漸上升的人工衛星
到了300公尺以上說不定就會變輕些呢

雖然只是騙小孩的說法
但只要心意有稍微傳達給妳就好了
想帶妳到比地表還高的地方呢
到引力的範圍之外

若隱若現的心意
雖然覺得應該已經被妳發現了
但現在比起那個 我是個更想救妳的自我主義者

借用了太陽的力量
月亮因而潔白閃耀
妳能不能像那樣子依我呢?

總有一天要切斷引力的鎖鏈
帶妳到衛星上頭去喔
不論是痛苦還是悲傷全部都只剩
1/6

太空梭雖然還有點遠
但在抵達那裡以前
妳願不願意握住我的左手呢?

總有一天要帶妳到引力的範圍之外唷

out of the gravity
関連記事


追記を閉じる▲
※翻譯歌詞請勿擅自轉載另作他用。



1/6
中文翻譯 by Cilde 翻譯協力 by Jeiz 修辭潤飾 by Ulin

作詞:ぼーかりおどP
作曲:ぼーかりおどP
編曲:ぼーかりおどP
唄:初音ミク


いつか重力のクサリを
断ち切り君を連れてサテライト

君を探してあの街へ
さ迷い歩いた夜の道

受話器越しに聞こえた声が
なぜか とても 気になったの

見つけた君は赤い瞳
何事もないフリはナシにして

黒い沼に沈む君を放っておくわけにはいかない

いつか重力のクサリを解き放ち
宇宙へ飛ぶサテライト
そこに行けば体の重さも1/6

君が抱えてる悲しみが
少しでも軽くなればそれでいい
いつかそこに君を連れていくよ
重力の外へ


宇宙旅行は無理ですが
物理的に高い所へ

色々考えてみた結果
目指すは港の赤い塔

走ってきたフリして
胸の鼓動の速さを隠してみたの

今日は君の手を救い上げる権利をもらうよ

軌道エレベータのように
雲を抜けて昇るよサテライト
300メートル昇れば少しは軽くなるかもね

つまり子供ダマシだけれど
意味が少しでも伝わればいい
地上よりも上に連れていきたいの
重力の外へ

見え隠れしてる気持ちは
多分バレているんだろうけれど
今はそれ以上 君を救いたいエゴイズム

太陽の力を借りて
白く輝いているお月様
同じように頼ってくれませんか?

いつか重力のクサリを断ち切り
君を連れてサテライト
辛いコトや悲しいコトも全部
1/6

宇宙船はまだ先だけれど
そこに辿りつけるまでの間
僕の左手を握っててくれますか?

いつか重力の外へ連れていくよ

out of the gravity
總有一天要切斷引力的鎖鏈
帶妳到衛星上頭去喔

尋找著妳而踏進了那條市街
四處徘徊的夜間道路

透過電話而聽見的妳的聲音
不知為何 讓我感到 十分在意

終於找到的妳紅著雙眼
別裝成什麼事都沒有的樣子哪

不能放任身陷漆泥沼的妳不管呢

總有一天掙脫了引力的鎖鏈
飛向宇宙的衛星
只要到那裡去體重就只剩1/6

妳所懷抱著的悲傷
若是能稍稍減輕一些就好了
總有一天會帶妳去的喔
到引力的範圍之外


宇宙旅行雖然不可能
就到盡可能高的地方去吧

經過許多考慮後的結果
目標是港邊的紅色高塔

裝作一路跑過來的模樣
試著掩飾著加速的心跳

今天牽著妳的手的權利我就收下啦

有如軌道電梯一般
穿過了雲層逐漸上升的人工衛星
到了300公尺以上說不定就會變輕些呢

雖然只是騙小孩的說法
但只要心意有稍微傳達給妳就好了
想帶妳到比地表還高的地方呢
到引力的範圍之外

若隱若現的心意
雖然覺得應該已經被妳發現了
但現在比起那個 我是個更想救妳的自我主義者

借用了太陽的力量
月亮因而潔白閃耀
妳能不能像那樣子依我呢?

總有一天要切斷引力的鎖鏈
帶妳到衛星上頭去喔
不論是痛苦還是悲傷全部都只剩
1/6

太空梭雖然還有點遠
但在抵達那裡以前
妳願不願意握住我的左手呢?

總有一天要帶妳到引力的範圍之外唷

out of the gravity
関連記事

FC2blog テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

【2011/05/26 22:18】  |   歌詞翻譯  |   トラックバック(0)  |  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。